私のもう一つの仕事は通訳ガイドです。
海外からのお客様を日本各地にご案内したり、日本の文化を紹介したりしています。東京は浅草、皇居、明治神宮など・・・でも秋葉原はちょっと苦手かも・・・特に裏通りのサブカルチャー地域はちょっと苦手です。
そこで今日は秋葉原のウォーキング研修に参加させていただきました。
駅前から歩き始めると、早速こんなのを見つけました。メイドカフェです。

イメージ 1

裏通りのコインロッカーにもコミックキャラクターのプリントです。「エバンゲリオン」は人気だそうです。知らないなぁ・・・

イメージ 2

秋葉原は戦後、近くの東京電機大学の学生相手の電気部品やラジオ部品のお店が集まったことから電器の街になりました。電器部品やパソコン関連のお店は今も健在です。

イメージ 3

イメージ 4

中野ブロードウェイから始まった「まんだらけ」はコミック専門店です。
「女同人」「男同人」と看板があるのは、同人誌のコーナーです。まだ開店前で入れなかったけど、こういうのがワンフロアーを占めるなんてすごいですね。2階の「?」っていうのは何でしょう?

イメージ 5

ガチャポンの専門店。アメリカでは「カプセルトーイ」と言います。

イメージ 6

ドンキホーテは秋葉原にもあります。最上階はAKB48シアターになっています。AKB48は紅白歌合戦に出ていたので、私も知っているアイドルグループ。

イメージ 7

青果市場の跡地の再開発で出来た、UDXビルの中にある東京アニメセンターは政府も後押ししているらしくて、お上品です。ここでは等身大のキャラクターと写真を撮る事ができます。

イメージ 8

イメージ 9

本日のハイライト。メイドカフェ体験です。
女の子のお部屋のようなピンクのインテリアのお店に入ると、メイドスタイルのお姉さんが親切に接客してくれます。メイドさんや店内の写真撮影不可ですが、食べ物の写真は撮影OKがでました。
お席は、ピンクのフワフワソファーの方お席代¥1000、普通の椅子(これもピンク)は¥500。ソフトドリンクは¥550です。オムライスやカレーは¥1000ちょっと。
オムライスを注文すると、ケチャップでメイドさんがお絵かきしてくれます。
犬、猫、ウサギなどの他に「萌」という漢字も選べます。

イメージ 10

イメージ 11

コーヒーや紅茶はミルクとシュガーもメイドさんが入れてくれて、しかも「まぜ・まぜ」と言ってかき混ぜてくれます。カクテルはメイドさん全員で「シャカシャカ・セレモニー」もしてくれますよ。
ばかばかしいようですが、すごく可愛いし、面白かったです。

イメージ 12

おっと、まだまだ食事や飲み物に手をつけてはいけません。メイドさんがおいしくなる「おまじない」をしてくれます。「萌え~」って。ここで初めて食べてもOKとなります。

イメージ 13

最後に会員証を作ってくれます。「さなえおじょうサマ」まだ「一般市民」ですが、通うほどに昇格していくらしいんですけど。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です