こんにちは、イッセイカンパニー東京オフィス メケアロハ KJです。
この間の日曜 琵琶湖のほとりの伊吹山までハイキングに行ってきました。
東京の方にはあまりなじみのない名前の山ですが、関西方面ではポピュラーな山みたいです。
東京を土曜の朝に出発、東名で一路小牧ICまで。ここで名古屋の友人と合流し、その日は伊吹山のそばのキャンプ場にてキャンプ。ここからも伊吹山がはっきりと見える。
イメージ 1

日曜日、朝5時に起きて、朝食後出発。
京都在住の友人と伊吹山の登山口で7時に待ち合わせているので、あまりゆっくりは出来ない。

イメージ 2

7時前には登山口到着。これで全員集合、車を駐車場に置き出発。
日が出る前は寒かったが、登り始めるとすぐに汗をかく。
樹林帯の中を抜けるとスキー場のゲレンデ、ここからは太陽日差しの中太陽をひたすら登る。

イメージ 5

ゲレンデの斜面を登り振り返ると眼下に琵琶湖が広がっている。
途中にはまだ咲き残った桜の木が一本あり、満開だ。

イメージ 6

澄み切った青空をバックに、本当にきれい。東京では桜が咲いていた時期はお天気が悪く青空をバックの桜は見られなかったので、感動もひとしおだ。

イメージ 7

このあとひたすら斜面を登り、残雪を越え、やっと山頂に着く。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

山頂の反対側には大きな駐車場がありみんな車で上がってくる、観光客と登山者が入り混じって大にぎわいだ。ここで早めのお昼を食べ、ゆっくり展望を楽しむ。

イメージ 11

イメージ 3

展望を楽しんで下山開始、下のほうにはパラグライダーが浮かんでいる。
我々は早く出発したがこれから登ってくる人がすごく多い、地元の人にとってはゆっくりと日帰りの出来る山なのだろう。
下りは早い、あっという間に先ほどの桜のところまで着く。
振り返ると今登ってきた伊吹山が大きく見える、ここで伊吹山をバックに桜をパチリ。カメラ

イメージ 4

快調に下山完了、1時を回った頃には登山口の駐車場に到着、お疲れ様でした。

まだ時間もあるし、せっかく東京からここまで来たのだから彦根まで観光に行くことにする。
彦根といえば、ゆるキャラで人気の「ヒコニャン」のいるところだ。
いざ「ヒコニャン」に会いに彦根へGO 車
彦根の「ヒコニャン」ご対面は、明日書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です