通訳ガイド団体のミーティングに出席した後、東京ボランティアガイドをしているお友達の築地&銀座地区の下見にご一緒させていただきました。
私は、震災以来、しばらくガイドのお仕事はしていませんでしたが、来月初めにご指名の仕事が入りましたので、久しぶりに通訳ガイドのお仕事再開です。
さて、建て直し中の歌舞伎座はどうなっているのでしよう。
イメージ 1
入口の昔ながらの建物は残っているのかな~と思っていましたが、ウッヒャ~!すっかり取り除かれて、巨大な工事現場です。 
イメージ 2
今までの建物はここに再現されるのかどうか・・・お客様は喜んで写真撮影していたけど・・・あの姿は戻るのでしょうか・・・
 
今日の目的地、築地の聖路加病院にやってきました。
今まで、隅田川から聖路加タワーを眺めて「有名な病院で、院長先生は100歳だけどお元気で・・・」と説明してきましたが、現地は初めて訪れるところです。
古い病院の建物は美しく、階段を上がるとステンドグラスの美しい礼拝堂があります。
車椅子の患者さんがお祈りしていらしたので、撮影はしませんでした。結婚式もできるようです。
パイプオルガンの音もしていて、清らかな雰囲気が流れていました。
 
階段には、古いライトがあります。とてもきれい。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
築地は明治時代初期には、外国人居留地だったところ。
アメリカ公使館も現在の赤坂の大使館の前はここにあったそうで、記念の石碑が残っています。
クリスチャンスクールもここから始まったそうで、私の母校「女子学院」もここがスタートの土地です。
イメージ 5
 
聖路加タワーにやってきました。隅田川縁の気持ちの良いところに建つ高層ツインビルです。
イメージ 6
 
秋の隅田川、遊覧船も気持ち良さそうです。
イメージ 7
 
築地にひっそり建つカトリック教会です。エンタシスの柱が立派ですね。
イメージ 8
 
帰りに銀座ソニービルにやってきたら、お花がいっぱい「ガーベラフェア」です。
色とりどりで可愛いい。
イメージ 9
 
サナエ 記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です