昨日、実家の母から「食料が不足しているから、買い物に行ったほうがいいよ。」と電話がありました。
私は、「そんなことしたら、ますます食糧不足になってしまうから、心配しない方がいい。」と、暢気に返事をしていましたが・・
 
今朝、KJが花粉症の薬をもらいに、耳鼻科に行く途中で、電話がありました。
「スーパー混んでるよ。買い物しておいたら~」
 
10時半にスーパーについたら、もう満員。私が入るとすぐに入場制限になりました。
お米もトイレットペーパーも、ハムの棚もからっぽです。
とりあえず、うどんやお肉(いつもより高い)をかごに入れて、レジの長い行列に並びました。
 
スーパーの自転車置き場は、もう満杯で、入口には100人くらいの入場待ちの行列です。
 
買いだめはオイルショックの二の舞だから、やめたほうがいいと思いますが、食料のない時代を経験している
お年寄りは、特に心配で、買いだめしないと不安なのだと思います。
流通が復活するまで、2、3日はあるものを食べることにしようと思っていますが・・・どうなるのだろう・・・
 
テレビは心を痛める悲しいニュースと、原発事故、停電の情報、そして、時々「緊急地震警報」にドキドキしています。何か協力できる事があるだろうか・・・
今はとりあえず節電して、落ち着いてから協力できることをしようと思っています。     サナエ
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です